ほうほう日記 

    カントリーライフ初心者 ほうほう 
             

7KumoKazeさん制作の オリジナル『ほうほうの世界』 視聴コーナーは終了致しました
KumoKazeさん 長い間ありがとうございました
 
  ほうほうファミリーバンド   初音源 ♪ほうほうの子守唄♪とシャガレ・カラスのオシャベリ 

最近 時々聴いている楽曲です
comes a Time
G線上のアリア
Down by the Salley Gardens
Harvest Moon 
Long May You Run
Heatt of Gold
Early Mornig Rain
BBC Concert



2020年 3月


30日
風は冷たいけど陽射しがあたたかい。軽く体操をしてベンチに腰をおろしボーっと辺りの風景を感じる。早池峰の雪は見えないが実際はまだ残っている頃。ウルイを探すが見当たらない。見当はずれを探しているのだろうか?オオイヌノフグリの可愛い花を見る。視野に収まる部分は見えるのがありがたい。

28日
ドラムの田中さんの音が蘇ってきた。超高域の無駄な音を削り、低域を少し持ち上げると、彼独特のフレーズが浮かび上がった。日本民謡 in New Countryに収録した♪ドンパン節♪だ。とても気持ちよさそうにタムの回し。
今まで高域を上げ過ぎていたので、低域のタムが埋もれていたのです。彼のドラミングを取り戻しとてもうれしい。すると谷岡さんのヴァイオリン
、遠山さんのギターもニッコリした音で頷いているようだ。時間がかかったがイイ状態に戻れてよかった。
27日
大分暖かいのかな?体操をして気になっているウルイを見たが、まだのようだ。暫くベンチに座り春っぽい空気を感じる。
パソコンの動きがのっそりになった。上書きをしてデフラグをする。メモリは4ギガだが11ギガ程デフラグをした。これで動きは回復したろう。


26日
高音の音質が重なると超高域に影響が出るようだ。倍音とはそういう性質があるようだ。倍音で膨らんだ超高域をカットし、高域自体の音量もチェック。♪Today♪のようにコーラスとストリングスの高音部の重なり部分には倍音の膨らみに注意が必要。

25日
昨日は小雪がちらちらしていたが、今日は暖かくなりそうだ。小鳥達も楽しげに歌っている。
基本的な楽器編成はヴォーカルとギター。他に楽器が参加していても歌とギターが中心にいる。コーラスが加わるとギターの音は聞こえなくなる程度でも大切なギター。各楽曲の楽器編成の音量の整理を続けています。

23日
元気イッパイの孫達に外で遊んで来いと公園に行かせたが、暫くして雪が降ってきたあ、と叫びながら戻って来て、ジージほっぺ触って、寒かったよおと音源編集をしているオイラに云う。姉のほっぺに触って、オオ冷たいなあ、と云う。それを見た妹も触れとせがむ。冷たいほっぺを包んでいると、手も触ってえだと。その小さな手は公園で楽しかったとものがたっている。
音源細かい音色を調整している。

22日
強風が続いたせいか昨夜停電になった。暗いし寒くなったので布団に入って、最近気になっている楽曲を頭の中に展開させていた。一時間位して、アッついたという声が聞こえ、そのまま眠った。最近気になっているのは何十年も前に鹿内さんとの会話に出てきた♪You Light up My Life♪、鹿内さんはジョニー・マティスの歌がイイと仰っていたので、youtubeで検索して何回か聴いていた。ハーモニに載せて聴きとった歌詞をこころの中で歌っていると眠りにおちていった。
鹿内さんありがとうございます。

21日
昨夜も風が唸り続けていた。
今朝は冷たい風だが陽射しはあたたかく感じる。孫達はエネルギー溢れ大騒ぎしていたので近くの公園に行って、なかなか帰って来ない。
帰らぬうちに音源編集に集中しよう。

20日
風が唸っている。
昨日鶯の声を聴いた。馴染みのホチョピ。
去年の歌い方を憶えているんだね。今年も楽しみだ。
昨日の午後孫達と歩いた。いつもの急な坂ではなく、平地だが長いコース。途中で何回も休憩しながら、此処は何処なの?という問いを繰り返しながら歩いた。
風が唸っている。
19日
コーラスを付けた♪どうにかなるさ♪は元に回復できない。コーラスを付ける前のヴァージョンに戻すことにした。残念だがしかたない。


18日
昨日からの雨でしっとりしたようだ。
一番長い連続音楽ファイルの音量を整理。各楽曲の曲想、楽器編成による音量の変化を考慮して音量を整えた。一曲目の♪Today♪最後の♪Are You Lonesome Tonight♪の相対的な音量の差を意識した。

15日
こういう時こそ、自分の周りに目を向けて、ああよかったなあと思えることに感謝し、不安な時期を乗り越えたい。沢山の人に出逢い、ああイイ人に逢えて、生まれてきてホントに良かったと思い返す。そもそも生命を頂戴した幸運を思う時なんでしょうね。

14日
感染が広がるコロナウィルスによる肺炎。不安を煽る情報も広がって様々なマイナス要因が膨らみ蝕まれるものがあるが、情報に振り回されず自らを支えてきた幸運に想いを巡らすがよいと考えます。

13日
まだ超高域に削るべき音が残っているようだ。その部分を削ると音量が少しだが上がる。徹底して削る。(音声を変えています)と表示される音は声の特徴をを変え、身元を判らなくする作業の逆をたどる。雑音が少しづづ減ってくる。

11日
孫達が騒いでいる。上の二人は小学生で宿題がある。宿題を始めるまでの時間は思いっきり騒ぐのだ。時折家の中で追いかけっこ。ドンドンと床を踏みしめキャーキャー騒ぐ。

10日
東京で戦後生まれたものにとって大空襲で焼け野原の瓦礫を片付け花を植える若者達の活動を田園都市線の大井町駅のホームでふれ書かれた♪花の街♪には感動を覚える。メロディーも好きだが、詞が好きだ。江間さんは戦争中、母上の実家に疎開されて東京に戻り大空襲の跡をご覧になり、悲しみが広がり、若者達の爽やかな復興活動にふれ作られた作品。反戦の想いも含まれた奥深い傑作だと思う。

 9日
孫達が居るので外で喫煙。風があたたかい。昼食後に散歩。歩く時はいつも誰かが手を握っているが、こういう時は心が弾むのか、ジージ気を付けてねと云って走り出す。処どころで小さな花を見つけ嬉しそうな声を上げる。
音源編集は音量整理。飛び出たスネア・ドラムだけにコンプをかける。下がった分全体の音量を上げ、じっくり聴く。

 7日
孫達のいない静かな時間が流れている。ベースギターを弾きながら歌っていた頃の作品♪内緒にしておこう♪、低域が上がっていてモワモワしていた。それでいて高域もかなり上がっていたので雑音になっていた。ストリングスが休んでいる時にギターの音が聞こえる程度に音を整理した。随分スッキリし左右のストリングスのアンサンブルもアレンジ通りに展開してきた。
低域を上げ過ぎて損なっていた。これは大きな収穫だ。

 6日
薄日でも日なたにいると暖かい。やはりお陽さんの力は凄い。体操をしながら周囲を見る。というか見ようとしているが正しいのかも。山々の姿は判るが色がはっきりしない。
宿題に取り組む時間は静か。末の孫が時々遣って来ては話しかける。ジージはジージなの?と繰り返す。オイラハジージだぜと応えると納得したのか離れた。どうやらオイラの名前を知りたkったようだ。
 5日
今日も孫達が騒いでいる。誠に元気な騒音だ。
彼らを無視して編集している。全面的にストリングスが加わる♪内緒にしておこう♪チェロ、 ヴィオラに高音を持ち上げて部分を削る。ヴァイオリン群の高域も削る。
今年はプロ音楽活動50年か?!驚いたなあ。音源編集だけでなくギター、歌も上達を目指そう。

 3日
今日は孫達は来ないので音源編集に没頭。
一番長い連続ファイルを聴き、音量を整えている。各曲の楽器編成、曲想に基づいて微妙に音量を修正。全曲っで一時間以上あるのです。最初の楽曲は16人のコーラスでストリングスが加わってい、最後は6人コーラス、ギター2本にベースでソロ・ヴォーカルを支えている。
連続ファイルを通して音量の調整は疲れますが頑張っています。
 2日
今日から学校が休みになり幼稚園の子を含め孫達が遣って来た。エライ元気で声の大きさに疲れちまった。昼食後にご近所を散歩、大きな坂を二っつ昇ってきた。途中で蕗の薹を見つけ、皆で摘んだ。子供なのにバッケ味噌が好きらしく歓んでいた。

 1日
三月だけど寒いねえ。蕗の薹を探したが見つけられなkった。何十年前ジョニー・マティスがイイよと伺った楽曲をyoutube You Light up My Lifを聴いてます。彼が歌う楽曲でも気になっていたので興味があるんです。真面目な歌い方だ。日本ではパット・ブーンの娘デビーが歌っていた。好きな楽曲が流れてくるのを待つ気持ち、我らの世代では共通する想い。


2020年2月

 29日
うるう年だ、29日がある2月。今年は蕗の薹が四つしかなかったって。いつもだと雪に覆わた地面から見つけるのに、雪がない。

 27日
珈琲を楽し9んでから音源編集。珈琲の香りを身体中で感じながらゆっくり時を過ごし、昨日の編集の結果をチェック。連続する楽曲、問題の楽曲が聞こえてくる。まだ違和感が残っている。まだ修正が必要だあ。


 26日
楽曲へ強弱を付けるのは非常に難しい。各楽曲の楽器編成を考慮しながら若干の音量の調整をする。それと並行しながら不自然なエフェクトをチェックし補正しています。

 24日
幅を極端に狭くした部分にイコライザをかけた実績を逆に辿る。低音、中音、高音更に超高音と広く持ち上げていたのだ。まだまだ道半だが、イイ方向が見えてきた。
今日は耳が疲れてしまって何が何だか判らなくなってしまった。日を改め挑戦は続くだろう。

 23日
大分イイ感じになってきたので強弱を調整。コーラスの人数に合わせ音量を微妙に上げる。

 22日
音源の回復作業に没入。どのようにEQを施していたかを思い出した。作用する周波数の幅を狭くして思いっきりかけていたようだ。逆に狭い幅で削ると効果の実感。何年も前に施した部分を戻した。成功だ。




 21日
文字入力が巧くゆかずブログの更新ができず、音源編集で試行錯誤を繰り返していました。
「音声を変えています」状態が抜けず頭を抱えています。

 18日
殆ど一日中雪が降っていたが、講座を終え土沢に着くと綺麗な星空だったんだと。オイラには全く見えなかったが、凄く綺麗に輝いていたそうな。

 17日
連続ファイルの中で頑固に不自然な音色が消えない楽曲がある。♪どうにかなるさ♪だ。題名通りどうにかなればイイのだが、なかなか想い通りにゆかず困惑している。

 1 6日
EQで色付けし過ぎた音と元々の音。
低音から中高音まで上げ過ぎると超高音にノイズっぽい音が生じてしまう。超高音を下げるだけでなく低音から高音まで下げる必要がある。そして下がった音量を自然な大きさに挙げ、不自然な部分を削ってゆく。そんな作業を続けています。

 15日
母親の勤務が早いので6時頃に孫達がやって来た。一緒に朝食をとり、食後のタバコは外で。霧が出ているようで世界がボヤケている。
昨日編集した♪別れのサンバ♪を聴きながらブログを書いている。持ってきた宿題を始めるまで思いっきり騒いでいる。

 14日
今日は天気予報が云っていた通り、暖かった。妙に寒さが何処かに行ってしまった。小鳥達は楽しそうに春じゃ、春じゃと騒いでいた。歩いていてもコートのボタン外したままで汗ばむ。急にあったかくなって調子が整わずにしていた。

 13日
トムジェリが奏でる音の再現を目指しています。オイラの声やギターは勿論全員の演奏する音が集まってひとつの音楽を蘇らせる。トムジェリの音楽を中央で聴き、ギターを弾きながら歌っていたオイラがトムジェリの音の響きを知っているのですから・・・。

 12日
ダイナミクスの調整にのめり込んでいました。曲想に強弱を付けるダイナミクスは演奏する時も大事な作業なのでナカナカ難しいのです。本来のダイナミクスを過剰なEQで壊してしまったので、壊れたダイナミクスを再生してるのです。♪ああ田原坂♪、トムジェリの一枚目のアルバムの中にあります。トムジェリのメンバー五人の内三人が亡くなっているので、ヘンテコな音で残すことは心苦しいのです。

 9日
強い寒波が上空にあるらしい。寒いです。
楽曲をつないだファイルが三種類あり、それぞれの無駄な音を消しているのだが、なかなかスッキリできないでいる。倍音が重なる辺りを持ち上げ過ぎたのだろう。EQでその部分を削っているが、未だに抹消できず悩んでいる。

 8日
昼頃、風がないので少し歩いた。お陽さんの恵みを受けぬ処の雪はゴワゴワと凍りついている。転んだのが雪道でなくてよかったと思いながら歩いていたら傍を通る車が止まり、懐かしい声が聞こえる。カフェほうほうのオープンの頃、ヒゲさんを連れてきてくれた方だ。しばらく話がはずんだ。

 6日
今月の血液検査の結果は良好なのでオッケー牧場でした。体重は1kg増え、合わせて検査の間隔を延ばすことになったようです。体操して筋肉量を維持してゆきたいです。

 5日
昨日コケてしまったとお知らせしてご心配をかけてしまった?かな?昨日の夕方から腕や肩の筋肉痛が出た程度です。
今朝は雪が積もっていた。昼まで降ってマタマタ白い世界になってます。コケたのが昨日でよかったあ。
一時間以上の連続ファイルの音量を整えています。

 4日
盛岡講座に出かける朝、東和町でコケました。おでこが地面にゴツン。背負っていたギターが大丈夫か?とケースを開けチェック、問題無さそうと判りホッとする。盛岡に着き消毒して絆創膏を貼る。教室ではギターの音を再度確認。問題なし。


 3日
節分の前に全国の鬼さんを集め感謝のもてなしをするという風習。部屋に上がる処に足を洗う桶を用意するそうだ。姿形が見えぬが、鬼さんが足を洗った時の砂が桶の中にあれば、鬼さんが来てくれたと感謝するそうな。ナントも優しい想いがあるように感じる。

 2日
節分の前日に鬼さんがアチコチから集まり、鬼さんに感謝する行事があるらしい。そこでは鬼は外とは云わず、鬼も福も内と云いながら豆を播くらしい。なんともイイ話じゃねえ。

 1日
孫達が来た。三人とも風邪を引いていて薬持参。
オイラもチョイと風邪気味なんだよ。兄孫は持ってきた宿題をやっている。下の女の子二人は澄ました顔でお店屋ごっこに興じている。オイラは音源編集。


2020年 2月

31日
ついこの間 信念を迎えたのに、一月が終わろうとしている。まったく。
♪どうにかなるさ♪の高域の音色を整えた。ホントに信じられぬ程EQをほどこし、元に戻らぬかと心配していたので、ホッとしています。トムジェリの音源なのでホントによかった。


30日
ちょっと暖かい。
♪どうにかなるさ♪の不自然さはやや少なくなったと思う。施したEQを削る時に削る範囲を狭めて深くした。これを何回か繰り返した。何となくイイ音になったと感じた部分を更に上げたようだ。
自分の声と遠山さんのギターを基準にしたつもりです。

29日
盛岡のワカサギ釣りが解禁になったそうだ。解禁日が例年より遅れ、温暖化によるのではと危惧されている。早急に二酸化炭素の排出量を抑えねばならない。世界中で取り組まねばならぬ問題だ。

27日
♪どうにかなるさ♪の不自然な部分を調整できず焦っています。強調しすぎた高域、いくら下げても自然な感じにならない。EQで4khz以上を上げた以外に何も記憶にないのだが・・・。

26日
今朝は寒かったが午後になってから随分あたたかくなった。長いファイルの中で♪どうにかなるさ♪と♪♪内緒にしておこう♪の二曲に不自然さがしつこく残っている。前者はトムジェリの演奏、後者はオイラの多重録音の楽曲で高域に不自然なエフェクトが残留、なかなか取り除けずに苦戦しています。

25日
トムジェリ演奏、或いはオイラの多重録音で作った楽曲をつないだ音楽ファイルが一時間を越えました。最後の曲は1920年代に歌われた♪今夜はひとりかい?♪。メインのボーカルを6人コーラス、ベース、ギター2本で支えています。シンプルな構成なので残響の広がりを楽しくつくりました。コーラス一人ひとりのトラックを録音し、それぞれに残響トラックをつくり、さらに左右のスピーカの外に広がる残響をつくりました。壁や天井にぶつかった音が戻って残響をつくるので、仮想の広さを持った演奏場所ができる訳です。

23日
♪異邦人♪を編集。実存主義、自分が分裂し、見たこともない他人のように感じる阻害状況、来日したサルトルなど・・・思い出しながら音量の調整をしている。ポルトガルのファドを幼い頃から聴いていたという久保早紀ちゃんの素敵な作品をカヴァー。

22日
今朝は厳しい冷え込みだった。午前中でも水たまりに氷が張っていた。
不必要なエフェクトを施し回復が困難な音源♪どうにかなるさ♪に挑戦中。大分前から高域を削っているが、今回も更に削った。自分でやったことだが信じられない程、あの手この手で高域を上げている。すべての楽器の音質が変わっている。


20日
♪別れのサンバ♪のギターは月刊音楽誌でも取り上げていた独特の奏法だった。カポを使ッたアランジ。スリーフィンガー奏法に続き、ピックを使わないスタイル・レパートリーだったがトムジェリに入ってからは殆ど演奏していなかった。日本のフォーク系の楽曲を録音する際に加えることになった。ハーモニーの進行を確認し即録音した音源。過度に施したエフェクトを削った後、音量の調整。トムジェリのメンバーにとっては珍しい曲想なのに彼らの音楽でしっかりサポートしてくれ驚きながらの演奏が懐かしい。

19日
冬休みの間、孫達を昼間預かっていた。どうしてあんな大声が出るのだろうと毎日思っていた。静かな時は何か食べている時。上の小学生二人は宿題を携えてきていたが、宿題を終えた瞬間から騒ぐのでした。今日から静かで編集はやりやすい。高音を整えられるようになった。

18日
高音を削り過ぎた。10khz辺りの音が消えてしまった。シンバルのシャーンという響きが聞こえない。程良く上げてゆき微かに響きを再現。しつこく編集しているのです。

16日
♪さなえちゃん♪を録音する時にドラムの田中さんが”アッハ―と叫んでイントロを長くさせろ”と耳打ちしてきた。トムジェリの録音はテイク・ワンなのです。ハイと応えアッハ―と叫んだ。ヴァイオリンソロを倍にさせた。今考えれば短い楽曲なので、そうした仕掛けをしよう・・・という企てだったのでしょう。そうした子供じみた悪戯をする年頃だったんだなあ。

15日
日付が一日遅れていた。今日は15日です。
音源編集では4khz以上を上げ過ぎていた。子の辺りを上げると迫力が増すが、不自然な程に上げていた。4khz以上をカットすると大分自然な音に近づいたようだ。高音をカットした分、低音を抑えた。楽曲によっては信じられない程高音をカットした。上げ過ぎを整え、中音を若干上げた。
不自然な色付けの修正に時間がかかってしまったが、そこから学ぶことは多かった。

13日
音源を聴く時の音量は大切だ。編集をするには再生音量を一定にしなければならない。微妙に表情が変わるから。

12日
文字の入力が巧くゆかず、ブログの更新ができず夕方になってしまった。どうしても、ひらがなにならず困った。夕方に再度挑戦するとアッサリ動くようになっていた。さてさて何を書こうとしていたのか?忘れてしまいました。今日は失礼します。
11日
人の想いが反映する、想いそのものかもしれない。人様の前で音楽してきた経験から、そう思うようになった。そして人は数多くのご先祖さまの想いを引き受けている。そんな風に感じています。

10日
昨夜は氷点下7℃まで下がる予報が出ていたが左程ではなかったようだ。田んぼの雪は残っている。
ギターをピックで弾かなくなって随分経つが。デジタル録音で音源制作をするようになった頃、ピックを使う奏法をした。♪今は涙が♪と♪内緒にしておこう♪。この二曲を編集する度にピックで弾く音を懐かしく感じる。ギターを始めた頃は文房具の下敷きを三角に切って弾いていた。ピックによって音色が変わるので厚さと硬さを選らんだものだった。

 9日
雪が積もった田んぼの白色を見ながら病院に行ってきた。今月の検査でもイイ値が出た。糖が高いと判って以来の食事の内容も問題ないらしい。

編集中の音源を聞きながらブログを書いています。

 8日
雪が積もっている。午後には雨になり解けるらしい。不自然な音に覆われた楽曲♪会津磐梯山♪は、やや改善の兆しが見えてきた。低音と超高音を削り、中音を上げてみた。引っ込んでいたヴォーカルが上がった。
大幅に削った低音と超高音は、それぞれ迫力と音の広がりに影響する音域だ。・・・が、上げ過ぎると不自然な響きになる。
自分の声とギターの音色は元よりトムジェリのメンバーが演奏する楽器の音色を損ねていないかがポイントなのです。



 7日
氷点下7℃まで下がると予報されていたので、毛布で首の回りをガードして眠りました。庭のベンチに雪が頑固に残っている。まるで音源に残った不自然な音を削れずにいる。どれ程厚塗りをしていたのか?超高域と超低域を思い切って削るが、それでも残っている。

 5日
新年、如何お過ごしでしょうか?
こちらは寒い朝でした。
元旦から音源編集を続けてます。トムジェリの二枚のアルバムの音量を調整してます。本年も宜しくお願いします。

 1日
あけまして おめでとうございます
本年もよろしく お願い申し上げます


2019年12月

31日
自然な音に戻そうとしているが、それを頑なに拒むが如き頑固者。それは向う見ずなエフェクトを加えた結果なのだ。当時に戻りこの辺りを強調したのではないか?と試行錯誤を繰り返して一年が過ぎようとしている。今も不要な音域を削った音を繰り返し再生しながらブログを書いています。ワースト3の楽曲の自然な音を取り戻そうと連日トライしています。
今年も拙いブログにつきあっていただきありがとうございます。皆さまと通う合うものに感謝しております。
どうぞ良い年をお迎えください。

30日
昨日編集したものを「元に戻し」、新たに編集してました。ヘマをしたのに気付かずいて、もう終ろうという時にヘマに気付き、行った編集を最初に向かい取り消しました。しかし、そのヘマの後で上書きしていたので、ヘマは手動で回復しました。オエリャー時間がかかりヘトヘトです。


29日
屋根に残った雪が今日も落ちている。
不自然な音は超高域の上げ過ぎ。この辺りは高域の野倍音が広がっていて、少し上げると響きが伸びてくるところ。上げ過ぎると悪影響となり、編集を後回しにしていた。幾らかイイ感じになってきた。

28日
朝日が昇り屋根からドド―っと物凄い音で積もっていた雪が落ちる。早池峰の姿は見えないが大分積もったことだろう。
不自然さが残っている楽曲に挑戦するがナカナカ効果が得られず苦戦しています。
何故だか以前雪かきをして大汗かいたことを思い出しているのです。

27日
昨夜から雪が降って辺り一面白い世界になった。昼過ぎから風が音を立て始めた。
幾つか修復を諦め放置されている楽曲の回復を目指しチャレンジを試みているが・・・難しい。

26日
♪今は涙が♪、不自然なエフェクトを整え、曲想の強弱を付けています。音楽の演奏で難しいのが、この部分。小節単位で選択して音量の流れをつくり、全体のバランスをチェック。不自然な強弱にならぬよう調整。アレンジした当初の表情に近づきつつあり、今まで長かった試行錯誤が懐かしい。

25日
16人のコーラス隊の存在を表現するのは難しかった。中低音の響きが多いオイラの声なので、そのままだとモワ〜となっちまった。一人ひとりのパートを選択し中低音を薄くカットしました。子音の響きが大勢でコーラスしている感じになった。
結果としてギターバトルになった♪別れのサンバ♪打つ合わせ無しがトムジェリのスタイル。そして間奏でそのままオイラのビターは引っ込まない。?と感じながらも遠山さんはギターを弾く。間奏の後半でもオイラのバチンバチンというピチカート、驚きながら遠山さんも突っ張る。録音時以外殆ど演奏しなかったので一層印象に残っています。

24日
サンタさんが忙しい日。この辺りはサンタさんは移動が大変だろう。二十年近く前にサンタさんが二人車に乗って急いでいるのを、お母さんと手をつないで見ていた幼い子はもう大人になったんだなあ。
そのサンタさん二人は朝なのに何処に向かっていたのか?幼かった子はずっと考えていたかな?
オイラは知っているけど云う訳にはいかないのです。

23日
ホンダ技研さんからのオファーで書いた♪空も光も風も♪を編集中。三十歳になった頃突然バイクに乗りたくなった。始めは原付自転車、更に盛り上り中型の自動二輪。ホンダさんとのお付き合いはトーク番組のテーマ音楽の制作で数年してバイクライダーのためのテーマソングのオファーを頂戴した。何故突然バイクに乗りたくなったのだろう?不思議な想いで書いた楽曲は二本のギターと ユニゾンのヴォーカル。

22日
コーラスの中低音のパートが表れた。高域のパート達を目立たせる編集が過剰になり中低音の音が埋もれていたのです。出過ぎていた不要な高域をカットすることで中低音のパートが浮上し、録音した当時が急に蘇るのです。

21日
今朝も寒い。本格的な冬のようだって?ズ〜っと前から冬だと思っているのはオイラだけかい?
音源編集は大分自然に近くなってきたと思う。信じられない程エフェクトをかけていた・・・のだ。

20日
トムジェリで演奏した音源にコーラスを加えた♪どうにかなるさ♪を編集してます。
元々コーラスがあればイイなあ、と思っていて、エンディングで歌ったフレーズは、ひとりでは成立しないものだったのです。2006年パソコンでデジタル加工ができるようなり、そのに三人のコーラスを新たに加えオリジナルの歌が活きてくるのです。楽しく即興のコーラス、楽しかったですよ。
唯例によって必要以上のエフェクトをほどこしたので、それを削る作業に時間がかかりました。


19日
昨夜は予想していた以上に冷えた。途中で毛布を一枚かけて眠った。濁ってしまった♪会津磐梯山♪の再生に努めています。なかなか手ごわいのです。目立つ不自然な音を拾い周波数分布を調べ不要な部分を削る、という作業を続けているのです。トムジェリの演奏音を正常に戻したいのです。

18日
日本民謡 in New Countryの♪会津磐梯山♪で渋滞しています。大幅にエフェクトし過ぎて、何処をどれだけ削ったらよいのか皆目判らないのです。コモっているようなギンギンしているような。素人の無鉄砲なエフェクトかけ過ぎなのだ。
幾らいじくっても戻らない。泣けてくる。