ほうほう日記 

    カントリーライフ初心者 ほうほう 
             

7KumoKazeさん制作の オリジナル『ほうほうの世界』 視聴コーナーは終了致しました
KumoKazeさん 長い間ありがとうございました
 
  ほうほうファミリーバンド   初音源 ♪ほうほうの子守唄♪とシャガレ・カラスのオシャベリ 

最近 よく聴いている楽曲です
comes a Time
G線上のアリア
Down by the Salley Gardens
Harvest Moon 
Long May You Run
Heatt of Gold



2017年 12月


12(火)

大変ご無沙汰しておりました。音源編集にのめり込んでおります。ひとりで演奏している一番大きい音源です。ソロヴォーカルの他に16人のコーラス、ギター、ベース、ストリングスという構成。でそれぞれのトラックの他にディレイやリバーブをかけたトラックを加えたものです。過剰なエフェクト同士が干渉し合ってハウリングのようなノイズをつくっていたのです。ミキシングをやり直し各トラックから無駄な音域を削り取る作業を続けています。この楽曲はニュークリスティ―ミンストレルススのリーダー、ランディー・スパークス作で昔から好きなもので、二つ目のバンドではリスナーの方々と歌えるよう取り組んだこともある想い出の楽曲です。友人が手書きで歌詞カードを作ってくれライブハウスで歌ったものでした。、


29(日)

又非常に強い台風が移動している。県内では紅葉が終っている処もある季節なのに・・・。皆さまのご無事を祈っています。うちの畑ではこじんまりとパセリが残っていて花を付けようとしている。パセリは初めてだったが真夏まで毎日外側の茎と葉を美味しく食べていたが、トマトやオクラが成長するにつれてパセリの生育はとまっていた。他の野菜を抜くと久しぶりにパセリと対面。裏の林はすっかり静かになってしまった。オイラの感覚では冬になっている。これから半年は厳しい冬だ。土地の方々は、まだ秋だと云うのだが・・・。


 4(水)

昨日のニュースで仲秋の名月と耳にしたせいか、眠る前しばらくニール・ヤングの♪Harvest Moon♪のハーモニー進行にこころを委ねていた。こころのなかで音楽しているのだ。視力が弱った頃眠る前に歌詞を思いうかべる作業をしていた。眠る寸前に憶えたいことを繰り返すと記憶できるらしいが、思いついた楽曲の歌詞の一部がどうしても思いだせないと気になって目が醒めることが続き、眠る前の言語中枢への刺激を避けるようなった。その点ではハーモニーを思い浮かべ音楽にこころをゆだねるのは眠りの訪れを邪魔しない。しかし余りのめり込み過ぎて細かいアレンジをし始めたりすると眠れなくなっちまう。コーラスで参加している二コレットの笑顔と声と一緒に気楽な状態がイイ。


2017年 9月


21(木)

うちの畑の里芋はいつ頃食べられるのか?と毎日期待がふくらんでいる。ご近所に分けたら、ほんの少しなのだが、食いしん坊の脳裏には『煮っころがし』にした食感や風味が渦を巻いているのです。そしてこんな時だけ畑がもっと広ければイイのになどと無理なことを考えてしまう。今でも草取りなどで悲鳴をあげているのに。時折ビューっと風が裏の林を通り抜けている。蝉の音が聞こえない。大根の双葉が元気、色良く育っている。花壇に移動させた『うるい』にくっついてきた茗荷がいるのでどうにかせねばならない。『うるい』の葉が枯れたら掘り起こし茗荷を引き離そうと思うが、その時期茗荷の地下茎を見わけられるんだろうか?


13(水)

裏の林で数少なくなった蝉が鳴き、それに応えるように草むらで蛙が叫んでいる。この時期には余り採れなくなる茄子が実をつけている。☆ブログの更新をサボって音源編集をしているのです。しっかり削った筈だが、残っている不要の部分と格闘なのです。トムジェリの二枚のアルバムの他にオイラひとりで演奏した楽曲集があり、それらの楽曲に取り組んでいる。『終活か』と思いつつ編集を加えていたが、『終活』には程遠い、未だ道半ばという有様だ。しかし編集する度に、それまで気付かなかった音が浮かび上がってきてよろこびをかみしめているのです。オイラが意図したアレンジによる演奏が無駄にほどこしたエフェクトによって覆い隠されていたなんて信じがたいが、これがデジタルの恐ろしいところだ。