2016年12月

 3(土)
幾らか暖かいようでギターの絃を張り替える。絃を通す穴が殆ど見えなくなったので、汗をかく程神経を集中、上着を脱ぐ必要があるので、今日のように寒くない日が絃の張り替えに適していると言える。シャツの腕をまくりあげ読書スタンドで手元を照らしながら穴に通す。なかなか通らない、最近まで一番太い絃を張っていたが、一段細い絃にした。昔ながらのブロンズ絃の音が好きで、銅とスズが80/20の割合の絃。ピックを使わず指で弾くオイラのスタイルでもオッケー牧場だ。昔バンドで歌っていた頃はへヴィーゲージの絃でタッチも強めだった。張り終えたらチューニングをして音を確認。イイ音だ、とギターに語りかけケースにしまう。


14(水)
久しぶりに音源を聴くと高域が出過ぎていた。その時は自然に聞こえたが時間をおいて聴き直すと自然ではない、よくあるパターンだ。ミックスから編集し直す。それぞれのトラックの音質を補正しマスターする。随分音が良くなった。耳の疲れをご近所散策で癒そうと歩く。寒い。今年は白鳥の姿を余り見かけないなあ、一度田んぼで餌をついばむグループに逢ったっきり。鳥インフルエンザも気になるなあ。橋の上から河川敷を見ると白い鳥がひとり、具合がわるいのかじっとしている。近づくにつれ、それは白鳥ではなくシラサギの様だ。ひとに見られるのが好きでないのか、飛びあがりオイラの近くまで滑空し、川面に降りた。羽根をひろげ数回羽ばたきオイラを観察し、羽根をひろげたまま空中を移動したので、オイラはその姿をしっかり見ることができた。川に立つ姿に「驚かせちまったねえ」「ゴメンよ」と声をかけながら暫く見惚れる。鳥インフルエンザにかからいよう祈る。


16(金)
音楽を構成する各楽器、声の単独トラックが残っている音源をミックスをし直している。そのそれぞれの音質、音量の再編集の余地があるにもかかわらずマスタリングしてしまったっちゅうことだ。今回の楽曲の楽器構成はギターが二本、ベースのリズム隊にメインヴォーカル、ハーモニーコーラスが七人。それぞれの生音に加えてホールの残響音もトラックに在る。この残響音の編集は音楽の表現だけでなくホールの広さを表す大事な要素だ。各楽器の生音が11トラック、それぞれに異なる残響を加えると50トラック位になり、微妙に音色、音量を変えてゆく。全国各地のコンサートホールの音を思い出しながら編集している。残響音が減衰する加減は殆ど聴こえなくなる限界の編集なのでヘッドフォーンでの作業になる。長時間のヘッドフォーンン作業は耳の疲労によるストレスとの戦い。直ぐに疲れる耳を癒すためには自然の音が必要だ。コートを着込んでご近所散策。昨夜から積もった雪を踏みしめる音がキュッキュと聞こえる。遠くを走る車のタイヤの音。今朝マイナス7℃だったので夕方前なのに凍り始めている。産直前の温度はマイナス2℃だ。これから更に冷えて明日はもっと厳しい寒さとなりそうだ。


27(火)
ご無沙汰しておりました。
各楽器のエフェクト編集を続けていた。都会と違いクリスマスの賑わいがない田舎、家にこもっていた。ニュークリスティミンストレルスの♪Today♪のカバー音源。ミックスが残っているので、それぞれの楽器の演奏を見直すことができ幸運だと思っている。この楽曲のアレンジでオイラの声で16人のコーラスをやっていて、こいつがエライ厄介なことになっていた。それを原点に戻り各声の表情を再構成。バイオリン、ビオラ、セロのストリングスに囲まれてベース、ギターに支えられるヴォーカル群の定位に時間がかかった。5本のギターは2ミックスに編集してしまったので、その2ミックスをぎりぎりまで再編集。大分自然な音になってきた。☆オイラはヴォーカリストという思いあがりがあり16人のハーモニーコーラスとソロヴォーカルのトラックは殆ど無編集に近い状態だった。ヴォーカルのトラックの編集を終えると他の楽器とのバランスが気になり、更なる地道な作業がつづいた。この辺りの手抜きが不自然な音になっていた訳だ。ここ数年、出来上がったと思い込んで音源の『エグミ取り』に専念していたが、その間にほどこした余計なエフェクト編集が、今回の再ミックス作業を助けたかたちになった。★外にも出ず、雲合不足。カフェオーレ用の牛乳をレンジで温める間、足のかかとを上げる運動をやる程度。はじめは爪先に力が入らずふらふらしていたが、今日なんか大分力が入るようになった。


31(土)
時の経つのがはやい。早すぎる。アッと云う間に一年が過ぎてしまう。歳を重ねる程、時が過ぎるのが早すぎる。☆振り返れば音源編集に明け暮れちまった。エフェクトし過ぎた音源から『エグミ除去』するのに数年かかった。試行錯誤の連続だった。パソコンで音源制作できる歓びのあまり過剰な編集を加えた結果、エグ過ぎる音源に変わり果て、そのエグミをなくすのに数年かかった。しかしこの間の作業は除去する内容がどんなもんだかを教えてくれた。何事も勉強でござった。音楽も未だに勉強の連続なので音源編集作業の試行錯誤も楽しく続けている。しかし時間がかかる。気が付けば、今日は大みそかだ。
今年も皆さまとの出逢いを頂戴しました。有難く思っております。来る年の皆さまのご多幸をこころよりお祈り申し上げます。ありがとうございます。世界が平和でありますように。