2016年 3月

 3(木)
昨夜は降ってなかったが朝には15p位積もっていた。東和町は静かな夜だったが他の地域では風も暴れたらしい。裏の林も静かだった。昨夜編集した音源を今朝の耳で確かめ、改善の余地がまだまだだ。外に出ると、除雪車の作業も大きい道路からなので家の前は真っ白い世界のまま、その中を登校する子供達が雪を踏んで歩いている。一番後から一年生がいつものようにキャーキャーと黄色い声をあげている。中のひとりがヤッホーと声をかけてきたので、ヤッホーと返事をすると何やら照れていた。随分仲良しになったのに照れるなんてドーユーコッチャ。登校だから10分で学校に着くだろうが、帰りは2時間かかるらしい。オイラも憶えがある。壁を塗る左官屋さんのコテさばきに見惚れたり、風呂桶を作る職人さんの腕前ランドセルを背に感嘆していた。登校の子供らが居なくなり、頭上を白鳥が鳴きながら餌場に向かっている。白鳥ももうじき帰ってゆくんだなあ。


 6(日)
この辺りでは先日まとまって降った雪も大分解けたので昨日ニンニクに追肥をした。大きな玉のニンニクにしたいから。しかしネットの農作業アドバイスによると収穫時に肥料分が残っているとニンニクが苦くなるんだと。そいつは大変だ。次の追肥は4月の上旬までってことだな。☆昨年大根の種子播きのときにコケて程良く散らばり沢山採れ、まだ畑の土に活けてある。今年はジャガイモも大きくして収穫したい。ニャンコの額ほどの狭い畑だが、素人なりにアーダコーダと楽しみがひろがる。★トム&ジェリースの二枚のアルバムの編集はトムジェリ本来の音と一層自然に聞こえる音源を目指して毎日試行錯誤がつづいている。トムジェリの生音を一番近くで聴いていなオイラだからこそ!などと気合いを入れている。そのせいかチョイと珈琲の量が増えている。元々珈琲好きなのだが、お仏壇へ供える回数も増え、お下がりをアリガタクいただいている。トムジェリの五人のメンバーの内お二人が仏さまになって見守ってくれてるから。


 7(月)
『日本民謡 in New Country』の♪会津磐梯山♪の歪みがなかなか取り除けない。カットすべき周波数がイマイチ掴めないのだ。このアルバムの他の楽曲は大分すっきりしてきたが、♪会津磐梯山♪の変な音は変わらないのだい。耳が疲れてイライラ。カフェオーレが飲みたいが牛乳がない。昼過ぎまで頑張ったが限界、牛乳を買いに行こう。☆いつものようにコートを着て出たが数百メートル歩くと変な感じだ。あったかい!コートを脱いで手に持つのも面倒だ。あったかいのにコートを着てるの?と云う風に山羊が首をかしげてオラを見てる。気にしてくれてアリがトーと歩調を上げて歩く。常緑の木立にスズメが沢山来て騒いでいる。早くカフェオーレを飲みたいので急いで帰ってくると蚊のような虫が道路のアチコチで集団で唸っている。帰りもコートを来ているのって山羊の首は更に傾いている。最後の百mは『そんなに急いで何処行くの?』と云われる程のスピード。この速度の後30分以内に乳製品を摂るとイイんだ。何にイイんだか思い出せないが何かにイイんだ。早速チョイと濃い目のカフェ―オーレ、旨い!カフェオーレにゃクロワッサンか?と呟きながら音源編集に戻る。


 9(水)
急遽、岩手銀行土沢支店前の『こっぽら』でミーがワンデイ・シェフで『カフェほうほうランチ』をすることになりました。4月5日(火)で夜はライブをします。珈琲も当時のブレンドです。久しぶりにほうほうのランチをお届けできるようミーは気合いが入っています。ワンプレート・ランチでメニューは思案中らしいです。


10(木)
♪会津磐梯山♪の『自然ではない変てこな音になる歪み』は未だに残っている。不必要と思われる周波数を削って少しは変わったが、まだ自然の音ではない。鼻をつまんだような音だ。次第に濃い珈琲を飲んで編集しているが休憩が必要だ。外に出るとクロッカスの花が咲いているのを見つける。岩手に移住した頃に播いた種子が毎年頑張っているのだい。先日のあったかい日に比べ大分寒いが確実に春の訪れを感じているんだなあ。枯草のなかに顔を出してお陽さんの光と仲良ししている様子はイイなあ。この色の花びらの中の雄しべ雌しべが愛らしい。寒くって長〜い冬を引きずって縮こまっている身体やこころが解放されるようで有難い。


14(月)
暖かい陽射しで昼過ぎの気温が11℃まで上がっている。蕗の薹(こちらではバッケと呼んでいる)が出たという便りが届いたのでご近所を歩く。田んぼの畦をじっくり見るが、ないようだ。確かにあったかい、コートなしで歩ける。黄緑色の小さな形を探すが、なかなか見つけられない。この辺ではまだ出てないのかな、しつこく探すが無い。っおっ!もっとちっちゃい青色を見つけたぜ。大好きなフローラ!オオイヌノフグリが咲いている。まだ沢山ではないが二つ、三つと咲いている。近づいてケータイのカメラを向ける。こんなちっちゃいのにオイラの目で見つけた歓びは大きい。やっぱり愛らしい色が微笑んで歌っているようだ。パソコンに取り込んで大きなサイズで見たい。山羊が『どないしたんや?』といつものノンビリ声で問いかけてくる。ノープロブレム!可愛らしい花を見つけたんだよと応え家に急ぐ。家に近づくと、初めて聴くシャガレカラスが何か云っている。まだ幼い声だがシャガレ声。ひとりで鳴いているが姿は見えない。道端の木立のなかのようで、親を呼んでいるようだ。新しい仲間のようだね、宜しくたのむよ。


16(水)
大震災以後、毎月11日が近づくと家の庭に立って沿岸に向かい音楽を届けているが、今月は今日まで奏でられずにいたのだが、素直な気持ちで音楽した。それは家の前から見ることができた白い早池峰山のおかげだと思っている。東和町の小高い山越しに時々姿を現す早池峰は、かつて車に乗っていた頃、大迫から近づくにつれ感じた感動を蘇らせてくれた。年に何回か車で行けるところまでだが、近づく度に感じた圧倒される神々しさを、今日は遠くからでも感じことができ、躊躇していた何かを払拭できたのだろう。『気負いなく』自然に音楽できた。いや音楽しかできなかったというべきかもしれぬが、早池峰の存在が導いてくれた素直な状態はこころよかった。かじかんだ指で家のお仏壇に手を合わせ感謝を祈る。


19(土)
数日の暖かさですっかり春だと思ったらしく、今朝裏の林でうぐいすが気持ちよさそうに歌いはじめていた。歌声が辺りに響いて、ウグイス君気分良く張り切っていた。★トム&ジェリースの二枚のアルバム音源から離れオリジナル制作の音源に取りかかっている。オイラひとりで演奏した音源に歌をかぶせたもの。ギター以外の楽器はシンセサイザーを弾いている。ベース、ドラムスやストリングス等など。ギターと歌で奏でる音楽が楽器を加えることで広い空間が生れるのだが、それぞれの楽器への思い入れが強く反映し過ぎると不自然な音になってしまう。バイオリン、ビオラ、チェロの構成比率や演奏位置によって表情が変わってくる。そのあたりを考慮し、オリジナルCD『ほうほうの世界』から4曲をリマスターしている。中には2ミックススしか残っていないのだが、ストリングス、リズム隊の演奏位置を下げ、過剰に色付けした部分を削り、微調整している。


21(月)
3分の早足と3分の普通歩きを交互につづけ最後の3分は『そんなに急いでどこ行くの?!』という早さで歩き30分以内に牛乳を飲む。このところ思い出せずにいた問題、『どんな効果』かというと、高齢者の筋力と免疫力アップなんですと。やっと思い出せたあ。☆音源編集しながらカフェオーレを飲もうとしたが牛乳がきれていたので買いに出かける。往復1km位の距離を3分づつ早歩きと普通歩きを繰り返した。途中に居る山羊たちがキョトンと見ている。山羊の処は帰りも早足で歩くオイラを見て、まさに『そんなに急いで何処行くの?!』という顔がおかしい。筋力・免疫力アップなんだよと家に急ぎカフェオーレ。★選抜高校野球の二日目は岩手の釜石と香川の小豆島の対決で始まった。高校の修学旅行で行った小豆島のバスガイドさんが歌った風にそよぐオリーブの風情を想い出しオリーブの実の塩漬けが食べたくなる。他の塩漬けよりフルーティな風味でエキストラヴァージンオイルは非常に旨いし肌や髪の毛ケアにも最適ですぞ。爽やかな試合はなんと釜石が勝った。


23(水)
物凄く古いギター絃がパソコンの周りから出て来た。二十歳前から使っていたヤマハのヘビーゲージ。その頃はピックを使い強いタッチで弾いていてギターに穴があく程だった。ミディアムゲージを指で弾くようになって久しいが、何年も前に懐かしく思って工房のテーブルに置き、時が経つにつれ譜面などで覆われていた。もう使わない絃だから何故捨てぬかと思われるか?なかなか捨てられない。トム&ジェリースの音源でもヘビーゲージを張ったフォークギターとフラメンコ系の絃を張ったクラシックギターを弾いていた。2006年からパソコンで音源をつくっていて、初CDでは数曲かをミディアムゲージをピックで弾いている。ヘビーゲージの頃が次々と思い出され懐かしい。やっぱり捨てられないなあ。張りたての絃の匂いさえ漂ってくるのだ。♪内緒にしておこう♪のリマスタをしてみよう。


26(土)
喋る声には低音が含まれるが、歌う声は中音域辺りだけだろうと思っていた。何故そんなこと云ってるのかというと。オイラひとりで18人のコーラスをやっている楽曲の編集に行き詰っているから。☆始めは大編成のコーラスをひとりでやってみて『なかなかイイわい』と自画自賛してたが、なかなか纏まらないのですよ。全篇にわたってつづくコーラスなので、オイラの声の特徴が増幅され他の楽器の音と過干渉し、さらなる聞きにくい音源。☆それを解消するために超低音域から10hz幅の音域だけを拡大して楽曲全体を聴き返している。4分の音楽の流れを限られた音域だけを拡大し再生すると勿論不自然な音楽に変形してますが、その中に必要でない音も拡大され聞こえるのです。その音を削り落としてからフラットな状態で聴き直し程良く削り取れたかをチェック。これを20hzから2000hzまで、10Hz毎繰返したところ。聴力のみならず体力の限界だ。まだ3000gz辺りまで無駄な音があるようだが、暫し休憩し何杯目かのカフェオーレのカップを持って外に出る。あったかい陽射し。ここ数日の寒の戻りに負けずグッと伸びた水仙、蕾がふっくらし始めている。リー・ヘイズの七つの水仙の一節を歌い、オイラの声は意外に低音域まであると知り驚いているんだよ、と水仙に語ると、やさしくホワ〜ッと微笑んでくれた。音源編集での疲れがほぐれてゆく。つづきを歌う。


29(火)
丸二日かかってNew Cristy Minstrelsの♪Today♪をカヴァーした音源編集を続けている。混声のコーラスが好きになったのはThe Weaversを聴いた影響だと思う。全米の民謡を混声でハモるサウンドは快い響きでギターを始めたオイラにとって彼らの音楽は教科書だった。☆低音域から不必要な部分を削り、大分聞きやすくなった。削り取った部分だけ音量を上げられるようになったが、その前にダイナミクス(曲想にそった音量の流れ)を整えねばならないようだ。アレンジしたダイナミクスはEQ(イコライザによる無駄な音域の削ぎ落とし)による編集でバランスが変わってしまったから。コーラスの編集で隠れていた音が少し前に出てきたり高音域の無駄な音域を整えると低音域が広がりクリビツだ。クリビツって?コリャ〜失礼しましたビックリの強調でがんす。


31(木)
午前中は時々強い風が裏の林でピューっと音をたてていたが昼過ぎには静かになり、穏やかな陽射しに田園がうれしそうにしている。★昨日ブログを書いたと思うのだがアップするのを忘れていたようだ。音源編集に疲れちまって気分転換に畑を見に出て、元気な玉ねぎの画像を撮った。その画像はちゃんとピクチャーホルダにある。ニュークリスティミンストレルスのメンバーにはバーズの創立メンバーのジーン・クラークやファーストエディションのケニー・ロジャースらがいたが、彼らはオイラより年上だから物忘れする年頃だろうなあ、と思いながら編集している。その音源だがミックスからやり直した。それを聴きながらブログを書いている。16トラックにミックスダウンしたファイルの各パートが干渉しないようにEQ(イコライザ)を施し2ミックスにし直した。ウッドベースとギターのリズム隊、コーラス隊、ストリングスもヴァイオリン、ビオラ、チェロでそれぞれの音色を補正したので演奏位置も定まってきた。